fc2ブログ
 
■プロフィール

おちか

Author:おちか
2010年7月下旬生まれの
ホーランドロップ「きなこ」(女の子)と
暮らしています。
-----------------------
きなこ:避妊手術済
おちかの長男(2013年5月生まれ)
おちかの長女(2016年7月生まれ)

■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■リンク
最後のとき
今日の午前中もずっとこの状態で一度も起きようとしませんでした。



昨日と違ったのは、シリンジで水を口に運んでも飲まなくなりました。
タラーっと口から水が出てくる状態でした。
また一つ、状態が悪化したなと思いました。

昨日と同じように病院で点滴をしてもらって、うっすら目を開けて穏やかな呼吸を続けていました。
そのうちに小学2年生の長男が帰宅して、真っ先にきなこのそばに行って呼吸を確認していました。
長男はここ数日、1日に何度もきなこの呼吸を確認していました。
そして「きなちゃん、まだ生きてるね。」と言うのが日課でした。
きなこのいる1階の居間で、長男は宿題に取り掛かりました。

明日は年中の娘の「お泊り幼稚園の日」です。
初めて親と離れて幼稚園で1泊するのです。
その準備のため、きなこのいる1階から2階に私と娘は移動しました。
下着はこれにして、タオルはこれにして、洋服はこれにして…

準備を始めて数分したとき、

「お母さん、きなちゃん、息してる?してなくない?」と1階の長男の声。

え?そんなはずは…だって2階に来る前に、数分前に呼吸を確認したのに。

1階に呼吸を確認しに行くと

呼吸が止まっていました。

「目が大きくなってない?」と長男。
確かにうっすら目を開けて寝ていた今までとは大きく違い、元気な時のようにはっきりと目を開けていました。
うさぎさんは、亡くなると目を開くそうですね。知りませんでした。

あぁ、そうなんだ。終わったんだ。

こんなに最後は看取ろうと何度も確認していたのに、目を離した数分の間に。

もしかしたら、きなこは皆が目を離す瞬間を待っていたのかもしれません。

見間違いでまだ呼吸をしているのではないかと度々確認しましたが、1時間後には冷たくなり、数時間後にはプニプニだった体が何とも言えない硬さに変わっていました。

受け入れるしかありません。
私は気が抜けたのか、急に首と肩が凝り始めました。

主人にはすぐに連絡し、帰宅してからずっときなこに話しかけています。
主人がウェットティッシュで体を拭いてあげて、保冷剤の上に寝かせてあげて。
その間も「きれいになったね、きーさん。どう?どんな体勢がラク?」と。

子供達は二人ともピアノを習っています。
娘の練習中の曲が



「にじのはしをわたろうよ」

すごいタイミングですね。

楽譜の挿絵を見たときに



いろんな思いがこみ上げてきました。

きなこ、聞こえるかい?
子供達がきなこのために弾いてくれているよ。

「にじのはしをわたろうよ」


にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
にほんブログ村



きなこ | 22:53:24 | コメント(4)
静かな日
きれい好きだったきなこが、寝たまま排泄するようになって足が汚れてしまいました。
洗ってあげようかとも思ったのですが、ぐったりしていてそんな体力もなさそうなのでウェットティッシュで拭いてあげています。あまりきれいにはなりませんが。



たま~に、調子の良い時間に起き上がったりしています。


そして、たま~に流動食や水をシリンジから飲んでいました。

昨日までは。

今朝からは横になったまま一度も起き上がりません。
相変わらず、手が変な方向に行っています。



何度直してあげてもこの体勢になっているので、どこか都合の悪い場所をかばっていているのでしょうか。

午後からはこの体勢のまま穏やかな呼吸をしています。



全く動きません。動く体力ももうないのかもしれません。

私は在宅で仕事をしています。
今まではチモシーやペレットを食べる音、ケージから出たり入ったりする音がしていたのに、全く何の音もしないのです。
家の中ってこんなに静かなんだと思いました。

きなこがこのような状態になって、一番落ち込んでいるのが主人です。
主人は毎日、私が子供達の世話や家事をしている時、きなこの身の回りの世話をしていました。
食事・掃除・ブラッシング、流動食に飲み薬に目薬、そしてよくきなこに話しかけていました。
そんな主人が「きーさん(きなこのこと)はずっと死なないのかと思ってた。」とボソリ。
ため息ばかりついていて家の中が暗いのです。
私はしっかりしていないと!
子供達にも良くないし、きなこだって困るだろう。

残された時間は、きなこも家族もできるだけ心穏やかに過ごしたい。

きなこが穏やかに寝ている(苦しくなさそうに見える)のが救いです。


にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
にほんブログ村



きなこ | 19:28:10 | コメント(2)
覚悟が必要な状態
きなこがこのチモシーのマットに寝転がって動かなくなりました。
チモシーやアルファルファ、ペレットはもちろん流動食まで食べなくなりました。
水も全く飲みません。



今までの体調不良とは違うなと思いました。
それはオシッコをする時も、この場所でこの体勢のまましていたからです。
今まではトイレは使わなくても、ケージに帰ってオシッコしていました。
しかもこの寝ころんだ状態でオシッコするのは見たことがありません。
つまり、起きることができないようです。

マットは汚れるし、きなこの体もオシッコで汚れるので、ペットシーツを敷いてみました。



少しはオシッコを吸収して体が汚れなくなるかもしれないと思ったからです。

そしてさらに、おかしなことに気がつきました。
足や手の力がなくなっているのか、力なく放り出されたような感じなのです。



病院に連れて行くと体重は1.4キロ台。
きなこのベスト体重が2キロなので、随分痩せました。
この状態を見て、獣医さんからは遂に「覚悟が必要な状態です。」と告げられました。

これまで何度か先輩うさちゃん達の旅立ったというブログを読んできました。
もしもの時も冷静に対処できるように、流れを予習してきました。

しかし落ち着こうとしても、やり慣れたスーパーのセルフレジのやり方がわからなくなったり、運転中もきなこのことを考えてしまったりしてボーっとしそうになります。
交通事故だけは特に気を付けるよう心掛けました。

きなこをお迎えするときからこの時が来ることを覚悟をしていました。
先輩うさちゃんのブログでも飼育本でも頭に入れていたつもりでしたが、実際は難しいものですね。


にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
にほんブログ村



きなこ | 18:10:06 | コメント(2)
体調が良い、悪いを繰り返す11歳。
体調が割と良い日、あまり優れない日を繰り返す11歳のきなこ。
なんとか食欲が戻ってケージの外からペレットを食べたり。



いたずらで、ペレットの容器をこんなに遠くまで投げ飛ばしたり。



元気になってくれたのは嬉しいけど、いたずらばかりは困るよ…。
でもモグモグするお口を見ると許しちゃう(笑)




なんていう記事を書こうと準備していたのですが、
昨日また体調が悪化しまして。

危ない状況です。
首の傾きまで良くなってきていて喜んでいたのに。


にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
にほんブログ村



きなこ | 19:30:28 | コメント(0)
11歳、トイレに行けなくなる
前回の記事では食欲不振が深刻でしたが、ここ数日はペレットが完食できるようになってきました。

きなこのケージです。



右奥に水、右手前にペレット、左の大きな皿にチモシー、左手前がアルファルファです。
アルファルファはべビの時しか食べないイメージでしたが、
深刻な食欲不振ということでベスト体重に戻すため、とても食いつきが良いために食べています。
獣医さんの指示です。
少しずつ体重が増えてきています。

ただ、うさぎさんのケージに足りないものが…

トイレです!

きなこは首が傾いてきています。
2018年にはこの程度だったのが、



現在は



体調が悪いときは傾きがひどくなります。

首が傾くと平衡感覚がなくなるようで、転んだりしてしまいます。
首が傾くことに悩まされているうさぎさんは多いのか、よく聞きます。
普通に歩くときも転んでしまうことがあるので、トイレに行けなくなったのです。

うさぎさんのトイレの行き方はうさちゃんによって違うかもしれませんが、おしりをクルっと回転させて上がりませんか?
それができなくなったのです。
ただ、ローリングと言われる転んでグルグル回り続ける現象は出ていません。

歳をとるといろいろありますね。
でも、お世話をする時間=触れ合う時間 が増えたのは良いことだと思います。

あ、2018年の画像よりほっぺの毛が短くなったのは、主人によるカットです(笑)
ホントはフワフワな長毛が素敵なのですが、流動食を食べる際に汚れてしまったり、目に入ったりしていたので切ったようです。
うふふ、これはこれで可愛いか(笑)


にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ
にほんブログ村

きなこ | 11:55:01 | コメント(2)
次のページ